何に気を付ける?金の保管方法

自宅で保管をする方法を知る

貴金属の金、つまりゴールドは投資資産としても知られています。誰でも比較的簡単に買えるので、お金の一部を金に代えて資産運用しても良いかもしれません。金には一定の相場があるので、将来的に上れば買取してもらえば現金化できます。投資用の金はインゴットなどと呼ばれ延べ棒のような形です。グラムやキロで購入でき、自宅で保管ができます。自宅に保管するときは、それぞれのインゴットの情報を記録しておきます。もし盗難に遭ったときには、届を出さなくてはいけません。見つかったときに、自分のものである証明になります。自宅のどこに保管するかですが、やはり金庫がいいでしょう。簡単に開けられないタイプ、簡単に持ち出せないタイプ、そして一定の耐火機能があるものを使いましょう。

外部の保管サービスを利用する

お金の全てを自宅に置いている人は少ないでしょう。多くの人は銀行に預けています。銀行はほぼ無料でお金を預かってくれます。投資資産として金を保有するとき、数が少なければ自宅で保管しても問題はありません。しかし、数百万円や数千万円以上分となると自宅に置いておくのは少し心配です。そこで外部の保管サービスの利用を検討します。金地金を売買している会社では一定の保管サービスを用意しています。多くの会社では、購入時に預かりのサービスも案内してくれます。年会費がかかったり、保管料がコストになります。大事なものを保管できるところとして銀行の貸金庫があります。それぞれの銀行で利用できる金庫の大きさや保管料などが異なります。

時計の買取が人気を集めているのは、買取店の努力もさることながら、買取マーケットの好調が理由でもあります。